個人情報の保護に関する考え方の基本
 公益社団法人京都保健会(以下、当法人という)は、患者さん、利用者さんと共に安全・安心・信頼・納得の医療・介護事業をすすめていくために、個人情報保護法の重要性を十分認識することが大切であると考えます。また、患者さん・利用者さんの個人情報の安全な管理は当法人の社会的責務であると認識し、以下の個人情報保護方針を宣言します。
2007年6月2日
公益社団法人京都保健会
理事長 三浦 次郎
個人情報保護方針
1. 当法人は、個人情報保護法に準拠し、個人情報を保護するためのしくみをつくり、その実践に努め、個人情報保護活動を行います。
2. 当法人は、個人情報の収集、利用および提供にあたっては、安全で適切な取り扱いを定めた規程を遵守します。
3. 当法人は、個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に万全を期します。
4. 当法人は、患者さんに診療の目的・内容を十分に説明して、納得を得て治療することを基本理念に、患者さんの診療情報は、患者さんへ開示することを原則とします。
5. 当法人は、個人情報を適切に保護するためのしくみが、効果的に実施されるよう継続的に改善します。
以上