京都市における子どものPCR陽性者数 11/15時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その9)

11月1日~11月15日の京都市の子どものPCR陽性者数

今回は、11月1日~11月15日まで2週間の、子ども(未就学児、小学生、中学生)のPCR陽性者数です。
市内全体の陽性者は174名と増加。病院や老人ホームでクラスターが発生しましたが、約4割は感染経路不明です。

11月1日~15日未就学児4、小学生4、中学生5
・子どもの陽性者は13名で、全体の7%と変化なし。子どもに重症者はなく、軽症5名、無症状8名。
・13名の陽性者の経路は、家庭内感染が7名、保育園や小中学校での感染が5名、感染経路不明の未就学児が1名でした。
  • 1園目の保育園では、家庭内感染の保育士が陽性、その後職員2名と園児2名が陽性に。2園目では家庭内感染の園児1名が陽性になり、接触があった職員2名が陽性に。
  • ある小学校では、家庭内感染した小学校の教育実習生とその兄弟の児童から、教諭、児童1名ずつが陽性に。
  • 1校目の中学校では、家庭内感染の生徒2名が陽性(児童1名も)となり、その後中学教諭1名が陽性に。2校目では、家庭内感染の生徒、その後2名の生徒が陽性となりました。
  • 子どもの陽性者が判明したすべてのケース(2保育園、3小学校、2中学校)で、発端者は家庭内感染です。第3波と考えられる患者数増加の中、大人が家庭内に感染を持ち込まない事がやはり重要です。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子