京都市における子どものPCR陽性者数 6/30時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その23)

6月16日~6月30日の京都市の子どものPCR陽性者数

今回は、2021年6月後半(6月16日~6月30日)の15才までの子ども(未就学児、小中就学児)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

京都市内の成人を含む全年齢の新規陽性者は167人(前2週の4割に減少)。
変異株検査:デルタ株(インド変異株)は、6/14~6/27のでは、48例中0例。
子ども関連のクラスター:市内運動施設で10名のクラスター。保育園職員等成人5名陽性(子どもの陽性者なし)。

京都府:PCR検査数757件/日、PCR検査陽性率1.9%(直近7日間平均)
新規陽性者数10万人あたり1週間合計3.95人。府内デルタ株2例目検出。
高度重症病床占有率3/38床

6月16日~30日<未就学児2名 就学児5名>
・市内の子どもの陽性者は7人、中学生までの子どもは全年令の4.2%。
・子ども7人中、家庭内感染は2人。市内運動施設利用児が5人。
・府内の10才未満の陽性者は3人。
  • デルタ型の検出は、府内で2例目、市内では0でしたが、東京都では報告数が増加していて、中学校2校で、デルタ型の教職員・生徒・家族のクラスターが発生しています。
  • オリンピック・パラリンピックでの人流によって、変異株陽性者数の増加、さらに重症者病床のひっ迫が危惧されます。オリパラ開催には大きな疑問が残ります。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子