京都市における子どものPCR陽性者数 7/15時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その24)

7月1日~7月15日の京都市の子どものPCR陽性者数

今回は、2021年7月前半(7月1日~7月15日)の15才までの子ども(未就学児、小中就学児)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

京都市:全年齢の新規陽性者は237人(前2週の1.4倍に増加)
クラスター:遊興施設、学習塾、大学寄宿舎、大学生の会食、事業所等で発生。

京都府:PCR検査数857件/日、PCR検査陽性率3.3%(直近7日間平均)
新規陽性者数10万人あたり1週間合計7.74人。デルタ株7/14に4例確認。
高度重症病床占有率1/38床

7月1日~15日<未就学児3名 就学児11名>
・市内の子どもの陽性者は14人、中学生までの子どもは全年令の5.9%と微増。
・子ども14人中、家庭内感染は65%、学習塾利用者の家庭内感染2名あり。児童通所施設内感染・小学校内感染が少人数あり。
・府内の10才未満の陽性者は6人。
  • デルタ株は、今までに府内で合計9例確認されています。首都圏ではすでに45%、関西圏でも25%置き換わっているようです。
  • イギリスの報告では、子どもの死亡リスクは低く、デルタ株流行下でも同じ傾向です。
    肥満・心疾患・神経疾患を抱える若者では、入院するリスクが高いようです。
  • 感染力が強いので、今後学校などで子どもの陽性者は増加するでしょう。ですが、昨年のような一斉休校は、子ども達の精神社会的な発達を妨げます。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子