京都市10才未満児のPCR陽性者数 8/31時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その27)

8月16日~8月31日の京都市の10才未満児のPCR陽性者数

今回は、2021年8月後半(8月16日~8月31日)の10才未満の子ども(未就学児、10才未満の小学生)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

  • 京都市:全年齢の新規陽性者は4933人(前2週の約2倍)。
  • 子どもを含むクラスター:複数の保育園や児童の放課後通所施設、児童の入所施設、運動施設。若い年代では、複数の高校や大学での課外活動で発生。
  • 京都府:PCR検査数2198件/日、PCR検査陽性率22.4%(直近7日間平均)
    新規陽性者数人口10万人あたり1週間合計133.72人。
    重症者用病床使用率66.9%
    高度重症病床占有率27/44床

8月16日~31日<未就学児224名 10才未満小学生266名>
・市内の10才未満の子どもの陽性者は490人と増加、全年令の10%まで増加。
・府内の10才未満の陽性者は192人(前2週の2倍)
  • 今年の夏休みの市立小中幼の児童生徒の陽性者は423人。1学期間の1.8倍。昨年夏休みは13人。デルタ株は全ての年令で感染力が強く、子どもの感染も急拡大しています。
  • 8/30時点で、13校で陽性児・者が発生し、12校で学級閉鎖になったようです。
  • 学校での感染拡大を防ぐには、今までと同様、家庭内で大人から子どもに感染させないなど、学校外からウィルスを持ち込まない事が重要です。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子