京都市10才未満児のPCR陽性者数 10/15時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その30)

10月1日~10月15日の京都市の10才未満児のPCR陽性者数

今回は、2021年10月前半(10月1日~10月15日)の10才未満の子ども(未就学児、10才未満の小学生)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

  • 京都市:全年齢の新規陽性者は201人(10/1-15)(前2週の約30%に減少)。
  • 子どもを含むクラスター:なし
    若い年代では、市内高校の課外活動で発生。
  • 京都府:PCR検査数670件/日、PCR検査陽性率2.0%(直近7日間平均)
  • 新規陽性者数人口10万人あたり1週間合計4.14人。
    重症者用病床使用率4.3%
    高度重症病床占有率2/50床

9月16日~30日<未就学児43名 10才未満小学生16名>
・市内の10才未満の子どもの陽性者は25人(前2週の約30%に減少)
 全年令に占める割合は、12%と不変。
・府内の10才未満の陽性者は11人
  • 全陽性者数の激減に伴い、10才未満の子どもの新規陽性者数も同様に減少しています。
  • 京都市では、10才未満の陽性児は軽症か無症状で、クラスターの発生もみられません。首都圏では、熱性けいれんの重積や酸素投与の必要な児が少数例あるようです。
  • 安全な部分から子ども達の生活の規制をゆるめ、人との触れ合いの中で、心と身体を成長させてほしいと願います。
  • コロナ禍で、児童館などに行けず、情報がなく「子育て」で困っているお母さん方もおられるでしょう。どんな小さなことでもかまいません。診療所にお電話ください!

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子