京都市10才未満児のPCR陽性者数 12/31時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その34)

12月16日~12月31日の京都市の10才未満児のPCR陽性者数

今回は、2021年12月後半(12月16日~12月31日)の10才未満の子ども(未就学児と10才未満の小学生)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

  • 京都市:全年齢の新規陽性者は113人(前2週の約7倍に増加)。
    子どもを含むクラスター:なし
  • 京都府:PCR検査数643件/日、PCR検査陽性率2.7%(直近7日間1日平均)
  • 新規陽性者数人口10万人あたり1週間合計4.68人。
    重症者用病床使用率14/171床
    高度重症病床占有率0/51床

12月16日~31日<未就学児7名 10才未満小学生6名>
・市内の10才未満の子どもの陽性者は13名
・府内の10才未満の陽性者は3人
  • 市内の全年齢の新規陽性者数は、増加に転じました。
  • 市内の10才未満の子どもの新規陽性者数は全年令陽性者の12%でした。
  • 「オミクロン株」は感染力が強いので、今後、子どもへの家庭内感染は増加するでしょう。子どもの重症化への影響を注視してゆきましょう。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子