「新型コロナウイルス感染症と子ども」その1

コロナ禍の今こそ大切な、子どもの遊び

 私達大人は、家庭内でも仕事でもそして子育てでも、例年とかなり異なる生活をする必要があり、緊張をしいられています。そして、子ども達もまた、変化を充分に理解できないまま、緊張状態の中にいて、さらに、言葉ではうまく表現できないため、不安などを伝えられず、心身の変調をきたしやすいことが想像できます。
 今月に入り、長いお休みの後の登校や登園が始まり、環境の変化などで、しんどさが身体に現れている子ども達を、外来で見かけるようになりました。
 私達、子どものまわりにいる大人は、子どもの小さなサインを見逃さないで、焦らずに、まず本人の気持ちや不安を聴き取り、安心感を与えてあげてほしいと思います。
 ご家庭で、そして、幼稚園・保育園で、学校や学童などで、身体的・精神的に気になる子どもさんがおられましたら、どうぞ受診や連絡をしてください。一緒に解決できたらと思います。
 今回は、国際(子どもの)遊び(の権利保障)学会(IPA=International Play Association)という団体が作った、危機的状況における子どもの遊び 子どものくらしに関わる人のためのガイド をご紹介します。
このガイドブックでは、「破壊的な遊び・はちゃめちゃ遊び」の捉え方や「つらいテーマを表現する子ども達の遊び」についても触れています。
ご興味のある方は、少し長いですが、読んでみてください。

2020年6月19日
所長 菅野 知子

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子