京都市における子どものPCR陽性者数 4/30時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その19)

4月16日~4月30日の京都市の子どものPCR陽性者数

今回は、2021年4月後半(4月16日~4月30日)の15才までの子ども(未就学児、小中就学児)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

京都市内の成人を含む全年齢の新規陽性者は1211人(4月前半の2倍)と増加。
検査された変異株は、4/19~4/25の週では、186株中169株90.9%と高値。
子どもに関するクラスターは、中学校や教育施設、保育園などで発生。

京都府でのPCR検査数1395件/日、PCR検査陽性率9.8%(直近7日間平均)
新規陽性者数10万人あたり1週間合計37.01人。

4月16日~30日<未就学児46名 就学児55名>
・市内の子どもの陽性者は101人(5倍に増加)、子どもは全年令の8.0%(4月前半3.0%)
・子ども陽性者の感染経路の7割は家庭内感染だが、学校や保育園内は約3割に増加。
・府内の10才未満の陽性者は42人(スイミングスクール・中学校でのクラスター発生)
  • 学校や保育園での子どもの陽性者の増加は、全年令で感染力の強い、N501Y変異株が従来株とほぼ置き換わったことによると思われます。
  • 日本より先に変異株流行がみられたイギリスでは、子どもが感染拡大の中心にはならない、子どもは重症化しにくい、という従来株の特徴は変わらないと、報告されています。
  • 今後は、抗原検査を組み合わせてPCR検査を広げ、同時にゲノム解析によるインド2重変異株等の感染状況の素早い分析が必要です。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子