京都市における子どものPCR陽性者数 7/31時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その25)

7月15日~7月31日の京都市の子どものPCR陽性者数

今回は、2021年7月後半(7月15日~7月31日)の15才までの子ども(未就学児、小中就学児)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

  • 京都市:全年齢の新規陽性者は922人(前2週の4倍に増加)
  • 子どもを含むクラスター:運動施設、保育園、中学校等。若い年代では、高校、専門学校、大学、僧侶養成機関等で発生。
  • 京都府:PCR検査数1276件/日、PCR検査陽性率10.7%(直近7日間平均)。
    新規陽性者数10万人あたり1週間合計37.01人。デルタ株7/26~8/1に17例確認。
    高度重症病床占有率4/38床

7月15日~31日<未就学児18名 就学児31名>
・市内の子どもの陽性者は49人、中学生までの子どもは全年令の5.3%。
・感染経路: 保育園内5人、中学校内13人、運動施設利用6人、家庭内感染は50%。
・府内の10才未満の陽性者は20人。
  • 保育園や学校等、子どもの集団で陽性者が増えています。集団内のおとなから、子どもが感染し、広がり、そこから家族内感染するケースもみられます。
  • 従来株では、子どもは「うつりにくく、重症化しにくい」と言われていましたが、最近は「うつりやすい」印象です。この原因がデルタ株である可能性は否定できません。
  • アメリカ疾病対策センター(CDC)は、「デルタ株は、これまでで最も感染力の強いウィルスのひとつ。感染者1人が他の8~9人程度に広める恐れがあり、水痘に匹敵するくらい。」との見解を示しています。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子