京都市10才未満児のPCR陽性者数 8/15時点

新型コロナウイルス感染症と子ども(その26)

8月1日~8月15日の京都市の10才未満児のPCR陽性者数

今回は、2021年8月前半(8月1日~8月15日)の10才未満の子ども(未就学児、10才未満の小学生)のPCR陽性者数(京都府発表による)です。

  • 京都市:全年齢の新規陽性者は2803人(前2週の3倍に急増)。
  • 子どもを含むクラスター:複数の保育園や児童の放課後通所施設、運動教室や運動施設。若い年代では、高校や大学での課外活動で発生。
  • 京都府:PCR検査数1707件/日、PCR検査陽性率19.5%↑(直近7日間平均)
    新規陽性者数人口10万人あたり1週間合計90.32人↑。重症者用病床使用率65.1%
    高度重症病床占有率20/38床
8月1日~15日<未就学児70名 10才未満小学生94名>
・市内の10才未満の子どもの陽性者は164人(約3倍)、全年令の5.9%と徐々に増加。
・家庭内感染は80%。家族全員がかかるケースが増加しています。
 その他は、保育園内や放課後児童通所施設内での感染あり。 
・児童通所施設や、市内運動施設で10才代学生(小中高大か不明)が陽性に。
・府内の10才未満の陽性者は95人(約5倍)
  • 成人の陽性者の激増(第5波)をうけ、10才未満児も増加しています。
  • 京都府でのデルタ株への置きかわりは、8月中旬で95%に達しています。
  • 東京都では、肺炎や、酸素が必要となる中等症Ⅱの子どもが増えているとのことです。小児COVID-19のフェーズが変わってきているようです。

「新型コロナウイルス感染症と子ども」をご覧ください

かどの診では、この度、子どもや子育てに関する新型コロナウィルス感染症についての情報をお伝えする『ページ』を作りました。
お時間があれば、見ていただけるとうれしいです。

かどの三条こども診療所 所長 菅野知子