上京診療所 個人情報に関する基本方針

 個人情報保護方針は、患者様が安心して医療サービスをご利用いただくための診療所における個人情報取り扱いに関する宣言です。診療所では患者様に安心して情報を提供していただくため、患者様からお預かりした個人情報を安全に守るべき事を強く認識し、以下の個人情報保護方針にもとづき、職員一体となって、個人情報の適切な取り扱いを実現することを宣言いたします。

  1. 個人情報保護に関する法令及びガイドライン、医学関連分野の関連方針、その他の規範に準拠し、個人情報を保護するためのしくみをつくり、その実践に努め、個人情報保護活動を行います。
  2. 個人情報の収集、利用および提供にあたっては、安全で適切な取り扱いを定めた規定を遵守します。
  3. 個人情報を正確かつ最新の状態を保ち、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に万全を期します。
  4. 患者様に診療の目的・内容を十分に説明して、納得を得て治療することを基本理念に、患者様の診療情報は、患者様へ開示することを原則とします。
  5. 個人情報を適切に保護するためのしくみが、効果的に実施されるよう継続的に改善します。

2021年7月1日

公益社団法人京都保健会 上京診療所所長 高木幸夫
情報管理責任者 神野理恵

情報セキュリティ基本方針

 公益社団法人京都保健会上京診療所(以下、当診療所)は、医療・介護、健診事業活動を正常かつ円滑に行う上で、情報セキュリティの確保は重要課題のひとつであると考え、当診療所の情報資産を保護する指針として、情報セキュリティ基本方針を策定し、これを以下の通り実施し推進します。

  1. 情報資産の保護
    当診療所は、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます。
  2. 法令等の遵守
    当診療所は、情報セキュリティに関する法令、規則等を遵守します。
  3. 教育、研修の実施
    当診療所は、所長、医療スタッフが、情報資産の重要性を十分に認識するように、必要な教育、研修を実施します。
  4. 継続的な改善
    当診療所は、“情報セキュリティ基本方針”および関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

2016年3月17日

公益社団法人京都保健会 上京診療所
所長 高木幸夫

お気軽にお問い合わせくださいませ075-432-1261診察・受付時間内にお願いします

お問い合わせ メールフォームをご利用くださいませ

介護事業のあゆみ

  • 2012年6月、上京区内に点在していた、総合ケアステーションわかば訪問看護・訪問介護・居宅支援、訪問看護ステーションつくしを上京南館(旧上京病院デイサービス棟)に集中し、総合ケアステーション化しました。これにより、介護事業所間及び上京診療所との連携強化をはかり、また、訪問看護ステーションの大型化で、24時間サービスができる環境を整えました。
  • 2013年12月、上京区と北区の境界にあった乾隆地域包括支援センターも上京南館に移転し、さらに連携を強め、利用者様への機敏な対応を職種を超えて実現しました。
  • 2016年2月、京都保健会としてはじめてのサービス付き高齢者向け住宅を開設、住まいを中心に、共同組織の方や地域の方々と協力しながら、人権が保障される地域包括ケアの実践をはじめました。(以上、京都保健会60周年記念誌より要約)