ホーム > 学校生活top1年2年3年学び・生活
 
入学式   新入生歓迎レクリェーション

期待と不安でいっぱいの学生生活がスタート。
 
仲間として先輩、後輩の繋がりを大切に
共に学んでゆきましょう!
2017年度入学式   2019年新入生歓迎レク

クラス交流企画
みんなで企画を考えて、
楽しい1日を過ごしました。

クラス交流(2017春)

看護を学ぶ
看護って何だろう?
グループワークをしながら、看護の基本を一つひとつ学んでいきます。
看護の基盤となる「健康」「環境」「人間」「看護」について、グループでまとめて発表し、お互いの学びを共有します。


学内実習が始まるよ
1年生では、基礎的な看護技術を習得します。
はじめての学内実習は「コミュニケーション」です。 ドキドキするけど、これまで学んだ成果を発揮して頑張ります!

現場で活躍する姿が活動の励みに
京都民医連中央病院
SP(模擬患者)研究会
広瀬東榮子
「患者の気持ちをわかってくれる看護師に育ってほしい!だから…、模擬患者と接して学んでほしい!」とコミュニケーション訓練や看護技術の訓練、オスキー(客観的臨床能力試験)の患者役としてお手伝いしています。
 卒業生が成長し、現場で活躍しておられる姿を見るたびに、教育課題で関われたことがとても嬉しく、私たちの活動の励みとなっています。近畿高等看護専門学校で、ご一緒に勉強しませんか! わたしたちもお待ちしております。
 
1年生 学内実習スタート2016春




あたたかく見守り教えてくれる模擬患者(SP)さん
終わったあとに、一緒に振り返りを行います。
はじめての実習
ユニホームを身につけ、いざ臨床へ。
基礎Ⅰ実習では実際の患者とのコミュニケーションをとったり、環境について考えたりします。看護師の働く姿をみて、自分がどんな看護師になりたいか?あらためて考える機会にもなります。

1年生の後半には、基礎Ⅱ実習(1週間)、基礎Ⅲ実習(3週間)があります。
学内で学んだ技術を実際の患者に実践し、「学内みたいにうまくいかない」「患者さんからの“ありがとう”の言葉に励まされた」など、看護のスタートラインに立つための実習です。
基礎看護学実習Ⅱ(2017/12)
ぴったりとくっついて「シャドウイング」
読んで字のごとく、指導者に「影」のようにぴたりとついてまわり、実際の業務を見学。自分が看護師になった姿をイメージ。看護師長の看護観を聞いて、目指す看護師の姿がだんだん形になってくる。
Copyright(C) kinki nursing school All rights reserved.