社会健康医学福祉研究所からのお知らせ
2020/2/13 沖縄県内における有機フッ素化合物の調査結果等について を掲載しました
2020/2/12 最近の予定(PFOS・PFOA:有機フッ素化合物の汚染を知る学習会:2020/2/24)案内 を掲載しました
2020/2/12 社会連携:遺伝子研究関連として国立循環器病研究センタープレスリリース2019/1/8 を掲載しました
2020/2/11 米汚染「がれき撤去が原因」〜京大教授が南相馬で報告(YouTube) を掲載しました
2019/12/25  難病医療費助成制度を考えるフォーラム、当研究所小泉所長が講演 を掲載しました
京都府保険医協会は、NPO法人京都難病連と共催で「難病医療費助成制度改善を求めるフォーラム」を11月30日に開催され、京都大学名誉教授で当研究所の小泉昭夫所長が健康講座「実は難病は身近な病気?子どもの難病を考える」を講演しました。
2019/4/24 2019年度「民医連職員ジェネラリスト育成コース」実施要項 を掲載しました
育成コースは、京都大学医学研究科社会健康医学(SPH)との共同研究事業として、京都保健会における人材育成のための教育および専門性の向上を目的に取り組みます。コースは、基本的な事項を講義形式で学ぶ座学、座学で学んだ事項をもとに職場での経験事例を解析する実習からなります。
2018/12/29 民医連職員ジェネラリスト育成コースの取り組み を掲載しました
民医連職員ジェネラリスト育成コースは、京都大学医学研究科社会健康医学(SPH)との共同研究事業として、京都保健会における人材育成のための教育および専門性の向上を目的に開始しました。「保健医療総論」から「組織経営・人材育成」に至る全7回の講義と、講義の学びを発表する実習が終了しました(スライド設置)。
2018/10/15 研究所通信第2号 を掲載しました
京都大学社会検討医学系専攻と京都保健会が春から温めてきた「民医連職員ジェネラリスト育成コース」が10月12日開始されました。第1回講義は、京大大学院医学研究科社会健康医学系専攻(SPH)専攻長の中山健夫先生がされました。
2018/9/20 研究所所長あいさつ を掲載しました
京都保健会社会健康医学福祉研究所は2018年4月に開設、同記念式典を6月に開催、小泉所長の式典挨拶文を掲載しました。
2018/9/20 研究所設立趣旨 を掲載しました
研究所開設記念式典での小泉所長講演より、設立趣旨プレゼンを掲載しました。
2018/9/20 研究所 研究活動 を掲載しました
2018年9月から開始した、患者・職員満足度調査の資料等を掲載しました。
介護事業所の満足度調査は11月に取り組み、調査報告は2019年2月頃を予定しています。